ブログ - パート 3

  • HOME
  • ブログ - パート 3

ママからの電話

2023/09/17




インスタにもアップしましたが、
4年前に産後ケアをご利用くださったママから
「今、鹿児島にいます!」

とお電話が入りました。
電話口から楽しくてお元気そうなことが伝わってきて、
とても嬉しい午前中でした。

みなさんも、旅行は、是非、鹿児島へ!
屋久島最高
霧島最高
薩摩富士最高
温泉最高
食べ物激ウマ


私も10月に結婚式で帰省します。
楽しみです。



以下、最近のウケる話
言葉つかいが美しくない箇所もあるので、
ご賛同、いただける方のみでお願いします。















提携先のBakiドクターから

「小櫻さん、いぶし銀」

と言われた。
い、い、いぶし銀

マジかよ。
お、おっさんに使う言葉だぜ。
(女には失礼用語)


間違いでもいいから「もも」とか言われて〜
いや、贅沢言わないから、せめてカツオのタタキくらいには
して欲しい。
いぶし銀って枯れ節のことだぜ
(枯れ節はいいダシ出ます)


数日、少し落ち込んだぜ
今では、笑いのネタ

だけど、
Bakiドクターは相当、相当変わっているけれど、
マジ凄い

言葉のボキャがマジウケる
ヒラヒラのスカートでも着てみようか
着れねー

大切なこと

2023/09/04



当院のブログを読んでくださっている方は、恐らく、理解してくださっている
と思いますが、


妊娠する前
妊娠中


大切なことは
お母さんの気持ち・感情を
いかにポジティブに保つかが非常に大切です。


そうは言ってもと、ネガティブなことを発する事もあるかも知れませんが、
できるだけ、避けていただきたいですね。

ということを、もっと知っていただきたいのです。
経験を重ねるうち、最初は、


そんなのあるわけない

いや、あるのか

あるわ

ある


になりました。
過去ブログにもアップさせていただきましたが、
赤ちゃんは、聴いているし、非常に感じています。
赤ちゃんが私に、きちんと伝えてくれるのです。


難しいことは考えず、楽しく,明るく,ワクワクすることを
探して取り入れて欲しいと願っています。

それは、赤ちゃんが生まれてからも一緒です。
生まれた赤ちゃんは、ギャンギャンギャンギャン泣きまくって
嫌を表現できますが、お腹の赤ちゃんの表現はお外にいる赤ちゃんよりは
限られていますものね。

栄養の重要性

2023/08/31



栄養の重要性

いや、そんなの分かっている。
と思っていますよね。


分かっているけど食べる暇ないとか。
その気持ちも分かります。


最近、提携している産院の新生児室の赤ちゃん達のケアを担当しています。
そこで痛く感じていることは、


みんな、ポジションはきちんと取れていることです。
は?なんのこと?

とお思いでしょうが、産院から退院して寝ない,ぐずる,反り返る,
発達が遅いと言われた
など、
色々な不具合が生じ、ご相談にいらっしゃり、
観察すると、多くはポジションが崩れています。
大まかに簡単に言えば、ネットなどで言われているCカーブのことです。


産院ではできていた
赤ちゃんのポジションが、家に帰ると徐々に崩れて、
それを改善するために色々な育児グッズなどが市場に出回っています。

しかし、そんなものはやはりあまり必要ないのだと痛感します。
これまで7年、産後ケアを行ってきて感じることは、
やはりお母さんの栄養です。

お母さん、ひとりひとりに合った、心を満たす栄養が非常に重要です。


赤ちゃんが、赤ちゃんがとおっしゃていらっしゃいますが、
赤ちゃんではなく、お母さんを整えれば、自然と赤ちゃんは整って行くのです。
信じられないと思いますが、事実です。


助産院にこられたお母さん方には、口うるさく、うざいくらいにお伝えしています。
食べてください。
ダイエットなんかしないでください。
若けりゃいつだって痩せられます。

私は42ですが、最近、7.5キロ痩せました。
あと4キロ痩せますよ。
親類や周囲の人から、がたいよくなったね。
とか言われていましたが、あまり気にせずにいたら、
助産院開業以来12キロも太ってしまっていました。
体脂肪は23%も増えてました。

しかし、提携先のBakiドクターより
「小櫻さん、脂質多い。脂質は無駄が増える」で火がつき
目標値を定めました。

30代ならもっと早く痩せたでしょう。
このようにダイエットなんていつだってできます。
でも、赤ちゃんのこの時期は今しかないのです。


だから、今は、たくさん食べてください。
ハンバーグ
トンカツ定食
唐揚げ
ケーキ
アイス
食べたいものを「バランスよく」


よく噛んで、
食べることです。
食べることです。


いちいちこだわるから
おかしなことになるのです。

こだわりは、ゴミ集積所に捨ててください。


お母さんなら「できる!必ずできる!自分の子供をもっと信じることです!」

新しいケアのご案内です

2023/08/21



みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
8月も今日で終わりですね。

以前、お伝えしておりました
新しいケアのご案内です。


20日に一度アップしましたが、
一旦取り下げ、本日となりました。

こちらに一時的にアップさせていただきます



整えるケア

日常、生活をしていると、
スケジュールに追われていつの間にか、ゆとりをなくしてしまっていることはないでしょうか。

そんな時、何故だか焦ってしまったり、必要以上に落ち込んだりすることはないでしょうか。

逆に、忙しい日々の中にもゆとりや豊かさを感じるときもあると思います。

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、
これは心とからだのバランスが関係しています。


当院の施設空間は、赤ちゃんがリラックスし過ぎて、よくウンチを出します。
繊細な赤ちゃんが直ぐにウンチをしてしまう、安らぎがある中で、


妊娠を望んでいる方や、産後の方,お仕事で疲れている方を対象にオーガニックオイルを使用して、心と身体の(自律神経)バランスを整える
ケアを2023年9月より行います。

お一人お一人、ゆっくりお時間をかけてカウンセリングした後、
全身(頭,顔,肩,腕,背中,足,お腹,鎖骨周辺)のケアに移ります。
ご希望の方には、栄養のアドバイスもお届けいたします。

皮膚,毛細血管からゆっくり、丁寧に、リズムに沿って筋層へ圧を浸透させて行きます。ケア後、急激な変化はありませんが、じんわり気持ちが前向きになり、
心が落ち着きを取り戻すことをお手伝いいたします。

カウンセリングからケア終了まで
1時間30分〜1時間45分

妊娠を望んでいる方で少し治療に疲れている方 ¥10,000
産後の方(当院のケアを受けたことがある方) ¥8,800
お仕事で疲れている方(女性) ¥10,000

・女性のみの対応です。
・お子様はお預けになってお越しください。(生後2ヶ月まではご一緒でも可能です)
・ケア前、3時間のお食事はお控えいただきますよう、お願いいたします。
(飲み物は可能です)
・皮膚疾患のある方のご対応はできかねます。
・高血圧,心臓病などの循環器疾患のある方のご対応はできかねます。
・ケア後のスキンケア,ヘアケア用品のご持参をお願いいたします。


ご予約はメールよりお待ちしております。
info@wps123-10.com

立秋

2023/08/08



朝の風が少し涼しく感じました。
暦の上では、立秋。

早いですね。
このブログを書いている窓の外には、虹が薄っすらと出ていました。
変わり目ですね。




以下、お知らせです。
9月から不妊ケアを再開いたします。


数年前のお話ですが、
耳鼻咽喉科への受診途中に不妊外来があり、
そこに向かわれる女性の背中が、とても悲しそうで、
落ち込んでいるように見えました。


その時感じたことは、「うちの助産院に来れば癒されるのにな。声かけたいな」
という気持ちでした。でも、声はかけられませんでした。


当院は、女性を励まし、勇気を与え、豊かな妊娠・出産・育児へと
前進していただけるようケアを提供しています。



以前、聞いたお話ですが、
妊娠する際の、母親の気持ち・感情は、非常に重要で
赤ちゃんに影響しているということを聞いたことがあります。


10年以上前の話で、「へー」と聞き流していましたが、
年々、その意味が深く分かるようになってきたように思います。



少し落ち込んでしまっているな、前向きになりたいな
身体と心の気持ちに気づいて自分で癒せるようになりたいな
という方には、当院のケアをお勧めいたします。

後日、HPに改めてアップいたします。
それでは、皆さん。
美味しいもの食べて、一緒に頑張りましょう!


私は今日、ご近所様から頂いた長野県産トウモロコシを3本食べて
フルチャージしました。

赤ちゃんことば

2023/08/01



凄いスコールでしたね。
8月1日の凄い洗礼でした。


最初は、真面目なお話です。
赤ちゃんに話しかける時、皆さんは、どのように声をかけていますか。

赤ちゃんに話しかける時には、赤ちゃん言葉使わない方が良いと、
本で見ました。(書籍名、忘れてすみません)
正しく、きれいな言葉で伝えることが大切とのことでした。

確かにわかる気がします。
赤ちゃんは小さいだけで、もしかしたら精神性は私たちよりも
ずっと上の場合もありますよね。
どちらにしろ、きれいな言葉を使うようにしていきましょう。


以下。
赤ちゃん言葉で、珍事。
読んでいただける方は、ずっとずっと下方までお願いいたします。


















研修会参加のため、都内某所
猛暑で入ったカフェはほぼ満席

1席だけ見つけた2名がけの席。
ラッキーと思いつつ、ストローを紙袋から取り出そうと
すると、隣の席から・・・
年の頃、60代と20代の男女が


「赤ちゃん言葉」で楽しく会話中。

口からアイスティーが吹き出しそう。
笑いを堪えるときほど、大変な仕事はない!!

下を向いて、スマホでメール打つフリして、
この笑い、この肩の揺れをどう誤魔化せば良いのか・・・。

え?イヤホンつけて音楽聴けばいい?
持ってたら、とっくにーーー。


頼む、美味しく、涼やかな気持ちでアイスティーを飲ませてくれ〜。
と心で叫んでいると、

私の肩の揺れに気づいたのか
退席されていきました。
楽しいお時間をすみません。
私だって、堪えていたんですよ〜〜〜〜。


最高の都内研修でした。
終わり

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


家政婦は見た!
はまたの機会にお伝えします。

お味噌汁の会→修正 お茶会

2023/07/21




お味噌汁の会を開催します!
と言いつつ、実行せずにすみません。


何しろ、この暑さで、お味噌汁を昼間に飲みたいという気分が
1ミリも湧きません。
こんな状態で、とてもお味噌汁の会をしましょうなんて言えませんでした。


冷たくて、身体にいいもの食べたい!
産前・産後の冷えは大敵!
分かっております!
しかし、たまにはいいですよね!


少しはお味噌も使います。
夏野菜いっぱい、
冷たいちょっぴり味噌入りそうめん(またはうどん)と

南国育ちのブルーベリーで作った
ブルーベリースムージー
にしようと思います。


現在、ミルクセーキを実験で試作していますが、
とっても美味しく出来上がったら、
ミルクセーキに変更します。


日にちは、来週の27日 木曜日(曇り、気温33度)にしようと思います。

助産院は午前中ですと比較的涼しいので
10:30から12:00といたします。

助産院のゆったり静かな雰囲気で
気持ちも心も満たされてもらえたら嬉しいです。
人数は2名様(赤ちゃんもご一緒にお待ちしています)
費用は1500円

ご参加お待ちしております。

満員となりました。
ありがとうございます。
また、近く開催いたします。




お日にち合わなかった方も、曇りの日にまた開催いたしますので
ご参加お待ちしております。
産後しばらく経ったママさんも是非是非お待ちしています。

赤ちゃんからの性教育に関しても、
お食事が終わった後、少しお伝えさせていただきます。
それでは、ご参加ご希望の方は、
お問い合わせより、ご連絡お待ちしております!

info@wps123-10.com

幸福に満ちた妊婦

2023/07/21




好きとか嫌いとか、あまり良い表現ではないかも分かりませんが、
高校生の頃辺りから、妊婦さんがとても好きでした。


何故かは分かりませんが、今考えれば、妊婦さんは希望に満ち溢れて
いるかのように見えていたのかもしれません。


当院は圧倒的に産後のお母さんのご利用率が高いのですが、
昨日は、第一子の時からケアを提供させていただいている
Kさんとお会いする機会がありました。

バリキャリ、今回、3人目

幸福に満ち溢れている妊婦


でした。話をしていて、あと一人はいけるなと感じてしまわずにはいられない
妊婦でした。


最近は、不安を抱えている妊婦さんが多いと聞きます。
月に1回ほど、SCに行くことがありますが、
妊婦さんの顔が確かに暗いなぁ。と感じます。
妊婦さんには、幸福な妊婦生活を送って欲しいです。


食欲がなかったら別ですが、栄養のあるものを召し上がってくださいね。

パパさんへ

2023/07/20



育児中の業者さんとお話しすることがありました。
奥さん思いのいいご主人でした。


男の気持ちはよくわかりませんが、
ママにとって


パパが感謝してくれること
理解しようとしてくれる姿勢
どんなときも味方という気持ち
何か手伝いたいという気持ち
そして、いつもありがとうという
感謝の気持ち


ママは,
基本これがあれば安心して
育児ができます。

時々、小言も言われるでしょう。
もっとこうしてよ!とか

こんなこと書いたら批判の嵐かもしれませんが、
女は小言を言いやすい生き物なんですよ。

パパがママのことを考えてくれている。
そんな人が家に居てくれるだけで
ママの安心につながっています。
パパ!頑張ってください!

産後の喜び一生もの
産後の恨みも一生もの
パパにかかってます!

ファイトー 一発!

騙されてはいけません

2023/07/19


不安を煽ったり
脅威を与えたり

心に強い否定的な衝撃のある言葉を信用してはいけません。
それは、騙しです。
リスクを回避するためか、ビジネスのためか。


問題を明確に提示し、
気づきを与え、
安心と勇気を与えることが
何事においても真実です。